30年以上保管された大切な婚礼寝具を丸洗い

お知らせメンテナンス 2018年09月27日

押入れに30年以上大切に保管されていた婚礼寝具(組夜具)を丸洗いしました。

今から、40年前後の前、ご結婚されるときに多くの方がこのような

ご婚礼寝具(組夜具)をお母さまが、お嫁にとつぐ娘のために

持たせた道具でした。

婚礼組夜具

この写真には、お布団・夫婦座布団・夏掛けだけが写っていますが、

ここに夏・冬座布団を20枚ずつなど加えたセットが主流でした。

その当時の結婚の準備は、約1年前から進められその間

親、とくに母親が準備を進めていました。

ただ多くの場合、親からもらった大切な道具として使用されずに、

保管(押入や長持ちに入れて)され、そのまま30年以上が経過して

いることが多いのです。

現在、大切なこの婚礼寝具をどうするべきか?

悩まれている方が多くおられます。

今回は、やはり思い入れのある大切なものなので、丸洗いできれいにすることを

希望されました。

他のケースでは、この良いわたを利用して打ち直し、必要なものに仕立て直す

(例えば敷き布団やうすく夏掛け、普段座布団)再生される方もあります。

その場合、希望の方には思い入れのあるお布団の記念としてその生地を

お渡ししています。

さらには、新たに毎日使用する健康に役立つふとんに

下取りを行うサービスも行っています。

下取り企画チラシテ_サ_イン案ol

 

 

 

← ← ← こちらのチラシをクリックしてください。

大きくなります。

 

 

 

 

ぜひご婚礼寝具の取り扱いお悩みの方は、

ご相談ください。

 

 

 

最新の記事

押入れに30年以上大切に保管されていた婚礼寝具(組夜具)を丸

あれだけ残暑が厳しく、いつまでこの暑さが続くのか? 心配でし

今年は例年よりも台風の直撃が多く、また集中豪雨などの 異常気

カテゴリー


ページトップへ メンテナンス・来店ご予約