羽毛布団仕立て直しでご相談・問合せの多いケースとは?

お知らせメンテナンス 2019年09月16日

残暑が厳しい日が続きますが、朝晩の風が涼しくなり秋の気配も

感じられるようになってきましたね。

お布団も秋支度・・・お盆明けから羽毛布団のクリーニング&

仕立て直しのご依頼が集中してきました。

当店では、クリーニング・仕立て直しの仕上りが10月に入りましても、

お申込みが9月内の御注文は、消費税8%にて対応させていただきます。

10月まで約2週間。まだ間に合いますのでご来店をお待ちいたしております。

 

さて羽毛布団の仕立て直し・リフォームの相談・問合せとして

多いのが、ベッド用羽毛布団ペアタイプ(合掛け羽毛&肌掛け羽毛をボタンで留めるタイプ)

の仕立て直しです

羽毛布団ペアタイプ合い掛けt肌掛けを開ける羽毛布団ペアタイプ全体画像

↑ ↑ ↑合掛けと肌掛け羽毛布団     ↑ ↑ ↑ 合掛けと肌掛けボタンで留めた状態

 

「このペアタイプの仕立て直しができるのか?」「合掛けと肌掛けを1枚にできないか?」

「ペアタイプのダブルサイズ1枚(クィーンサイズ・キングサイズの場合もある)

を冬用の羽毛布団シングル2枚にできませんか?」などの問合せが多くあります。

当店では、ダブルからシングルサイズへのサイズ変更や2枚を1枚に仕上げる

など、自社工場にて加工を行いますので、様々なご要望にお応えできますので

お気軽にご相談ください。

羽毛布団仕立て直し吹込みⒶ羽毛仕立て直し2人で吹込み

↑ ↑ ↑自社工場にて要望に合わせた加工を行いいます。

羽毛布団の仕立て直しを行い、その後のメンテナンスとして

クリーニングも自社工場にて行いますので、「羽毛布団の品質(生地の種類

・傷みぐわいなど)」確認した上で、「品質維持を前提にメンテナンス」

して参ります。

臭いがきつい羽毛布団洗い強羽毛布団漬け洗い浩史

↑ ↑ ↑ ダニや臭いなどしっかりと清潔にお休みいただけます。

 

同じく多い相談・問合せとしては、20年前後前に購入された

シルクの側生地を使用した羽毛布団が生地が破れて羽毛が吹き出し

困っているというケースです。

高級羽毛布団の擦り切れ

↑ ↑ ↑ 高級素材であるシルクはしなやかで軽量ソフトな肌触り

が特長ですが、摩擦に弱く15年程度で生地が裂けてくる場合もございます。

こちらも、シルクタッチの細番手の超長綿を使用して

以前と変わらないふうわい寝心地を再現できる羽毛布団の仕立て直しを

行っております。

↓ ↓ ↓こちらがお持込みされたシルク羽毛布団です。生地に光沢があります。

シルク羽毛布団

まずは、お気軽に電話・メールにてお問合せ・ご相談下さい。

滋賀・大津・草津・栗東・守山・野洲・近江八幡・東近江・彦根にて

羽毛布団の仕立て直しリフォーム・クリーニングのご相談は、

こちらまで↓ ↓ ↓

logo (1) ☎0748-38-8899

滋賀・大津・草津・栗東・守山・野洲・近江八幡・東近江・彦根にて

オーダー枕・オーダーマットレス・敷き布団など快眠のご相談は

こちらまで↓ ↓ ↓

ふとんのマツムラ近江八幡ロゴ ☎0748-37-7481

何でもお気軽にご相談下さい。

 

 

最新の記事

ご迷惑をおかけしますが、11月8日㈮~10日㈰の3日間 は店

日増しに寒くなりました。 季節の変わり目のこの時期には、やは

残暑が厳しい日が続きますが、朝晩の風が涼しくなり秋の気配も

カテゴリー


ページトップへ メンテナンス・来店ご予約